トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月29日 (日)

沖縄へ③

 

005_1 3日目、ホテルのプライベートビーチからグラスボート(写真のように船の中央から海の中が見られるようになっている)に乗り海へ。沖縄の海はやはり、きれいですね。北海道の海のようにゴミも落ちていないし、海の底がよく見える。魚も色のきれいな魚が多い。ちなみに、もっとすごいと思ったのは、操船している人が何の迷いもなく、色々なポイントに連れて行ってくれることです。さすが地元!

Img_0418_1午後は、せっかく沖縄に来たので沖縄らしい建築を見学に行きました。1981年に建てられた名護市庁舎。設計は象設計集団(今は拠点を帯広に移しています)。実はこの建築はあまり好きではありませんでした。沖縄という風土から受けるイメージを表層的に表現しているという認識があったからです。実際に行くとそれは認識不足でした。確かに表層的にそのよImg_0434_1うなところはあるのですが、建築の構成的には、議会や教育委員会など、それぞれのプログラム(用途や機能と思ってもらえればほぼ正解です)が分離して配置されているものの、それらは回廊で結ばれひとつの建築をなしています。また、開口部(窓や入口)は、直接、外に面しているのではなく廊下を兼ねた庇によって、南国特有の強い日射から内部を守っています。何より驚きだったのは、現在の建築界の流行であるヒエラルキーのない建築だということです。説明が難しいのですが、ヒエラルキーのある建築とは、端的にいうと建築の中に入る場所が一つであり、部屋に序列Img_0445があるということです。役所の建築を例にとると、まず入口があって、次に受付があり、それぞれの部屋に分かれていて、議会や市長室のような部屋は高いところに配置されているようなものです。名護市庁舎はそのヒエラルキーがなく、どこからも目的の場所へ行くことができます。また、この建築は屋上緑化がなされていたり、私が思っていたよりも非常に考えられた建築でした。ちなみに、他の沖縄の建築をみて思ったことですが、建築が大雑把にできていると感じました。なぜそのように思えたのか考えたのですが、他の地域の建築に比べて開口部が少なく、また木造の建築が見当たらず鉄筋コンクリートの建築が多いからなのではないでしょうか。スケール(物の大きさ)が木造の建築ではないので、普段、日本の尺貫法に慣れている地域の人からすると感覚が違うのかもしれません。 (建築に関わってない人は難しかったですね。分からないことがあれば遠慮なく質問してください)

まだ、続きます。

2006年10月26日 (木)

祝・ファイターズ日本一

ついに、日本シリーズまで制覇しましたね、ファイターズ。次はアジア制覇!この数年、駒大苫小牧の甲子園優勝に始まる北海道における野球熱はとうとう頂点を極めたという感じです。前にも書きましたが、元ドラゴンズファンとしては少し、複雑な気分です。いや~、すすきのは盛り上がってるんだろうな。

ところで、ニュースなどでは、札幌の皆さん川に飛び込まないようにと呼びかけてますが、どの川に飛び込むのでしょうか?ドーム近くの川はドブ川だし、豊平川は水深が浅いので危険だし、創成川にいたっては工事中(でなくても無理か)。そもそもこんな時期に川に飛び込むなんて寒くてできないよね。なんだか、みんな阪神の優勝にでもダブらせているのでしょうか。札幌には道頓堀はナイゾー。

何にしても、明るい話は良いものですね。ファイターズの選手、一年間お疲れ様でした。

2006年10月25日 (水)

沖縄へ②

  003Img_0350

首里城です。守礼門の前で写真を撮るのに団体の観光客がいなくなるのを長い間待ちました。どうも昔からあの旗を持ったバスガイドについていくのに我慢できません。

だから、修学旅行はすごく嫌でした。(団体ツアーに参加したこともありません。)戦時中はこの地下に司令部があり、砲撃やら爆撃でめちゅくちゃになったそうです。だから現在の首里城は一部の石垣を残して復元です。本土の神社と違い、黒っぽい赤で塗られています。石垣は隙間なくきれいに並べられいます。柔らかい石灰岩を使っているので加工が簡単だったのでしょう。右側の写真は正殿です。日本の建築には珍しく広場が存在します。これは中国の影響でしょう。北京の天安門広場、ローマ(バチカン)のサン・ピエトロ広場のように日本の建築には広場が存在しません。日本は道の文化であり、道が広場の代わりをしました。日本本土にはない色彩鮮やかな建築でした。

004 二日目の夜は、那覇港からサンセットクルーズに出発。二便目に乗船したのですが、一便目は福島の高校生の貸切でした。(ちなみにこの高校生達、我々とホテルが一緒でした。最近の高校の修学旅行は遊びの要素が大きいんですね。)別にじっくり見ていたわけではないのですが、北海道の女のこの方がやはりかわいいですね。那覇は30万人都市(函館くらいの人口)というけど、もっと大きな街のような印象を受けました。意外と高い建物が多かったです。

次回へつづく。

2006年10月24日 (火)

沖縄へ

みなさん、お疲れ様です。

すっかり、ご無沙汰でした。決して、更新を怠っていたわけではありません。週末から本日まで沖縄に行ってました。両親から急に沖縄に行くから休みを取れと言われまして、運転手として拉致同然に連れて行かれました。(今月は休日出勤もあったので休みが取れました。)当然、振休などというものは存在しないので、この分は給料は出ませんが…。

001

沖縄は昔、日本で唯一、戦場になった場所だという認識があり、しばらくは行けないなあという思いでこれまで行くことを避けていました。こういうことでもなければ、行くのはまだ先だったでしょう。それにしても、海の色が違う!

初日は、飛行機の移動でどこにも行かず恩納村のホテルへ直行。

002 二日目は、美ら海水族館へ。この写真の水槽、高さ8.2m、幅22.5mの世界最大のアクリルパネル。すごい迫力でした。水族館の構成は、大きな水槽が二つあり、それらを様々な方向から見ることができるようになっています。建築的にも非常に楽しめました。海の旭山動物園という感じでした。

沖縄見聞録を数回に渡ってお送りします。お楽しみに!

2006年10月20日 (金)

浮き沈み

最近、浮き沈みが大きくて疲れます。

何かというと、仕事の量。

仕事柄、建築の模型から実施の図面、プレゼの資料、果ては室内仕上げのサンプルボード作りまで手広く、何でもやっています。最近、一日に複数の物件の模型を頼まれたり(これがまた例外なく、大きい模型)、現在は海外研修(旅行の間違いだろう)中のMさんの忘れていたプレゼ資料を準備したりフル回転かと思えば、平和すぎる一日が訪れたり、怒涛の日々を送っております。安定して静かに設計に従事できれば良いのですが、なかなか難しいものです。

ちなみに大きい模型をつくるのは、非常に体力を消耗します。今週は疲れた!

2006年10月19日 (木)

今日、とある試験をパスするための学校に、入学を申し込みに行ってきました。

とある試験とは、姉○問題とマスコミが大騒ぎしているあの資格の試験です。私は今年初めてその試験を受けたのですがボロボロでした。どうもこの資格も法律が変わって、平成20年から問題の傾向が変わるようです。傾向がわかるうちに覚悟を決めて来年取ってしまおうと一念発起しました。当初は、学科は独学で、製図は学校に行こうと思ったのですが、今年の難度では独学は困難と判断しました。

ということで、入学を申し込んできました。言わば、資格の為の塾です。

塾といえば中学3年の時、私は大学受験で有名なYゼミナールの中学部に通っていました。火・木・土・日の週4日。しかも、火・金は近所の数学の塾にも通っていました。今、思うとこのときの一年間が人生で一番勉強した時かもしれません。大学や大学院の受験、修士論文もこの時の苦労に比べればたいしたことがないかもしれません。(それぞれで手は抜いてないけどね)

中学3年の時のマリオくんに負けないようにがんばります!

2006年10月15日 (日)

函館に行ってきました

函館に行ってきました。行きも帰りも定山渓付近の渋滞に巻き込まれました。061014_1

紅葉のシーズンだということをすかっり忘れておりました。

予定より2時間以上遅れて函館の友人宅に到着。宿はいつもの通り24時間サウナにするつもりだったのですが、友人夫婦の好意により泊めて頂きました。二人の子どもたちも元気でした。買って行ったプレゼントも喜んでくれたようで何よりです。

今日は、A君一家の大きな車に乗せてもらい函館市内をドライブ。061015_02

いやー、本当にでかい車でした。おまけに間接照明つき。すごかった!

新しくできた新五稜郭タワーに登り、そのあと函館山に登りました。

新五稜郭タワーは、外観はいまいちでしたが、タワー上部の展望台は全面ガラスで非常に気持ちがよかったです。東京タワーで好評のガラスの床もありました。

061015_01 061015_03

上のおねいちゃんは、僕を気に入ってくれたのかずっと手を繋いで歩いてくれました。昔から男女を問わず、小さな子にはもてたんです。これでも。子供と精神年齢が近いからと言われたこともあるのですが・・・。

昼は、函館では有名なハンバーガーショップでカレーを食べました。その後、友人夫婦の家で一休みしてから、札幌に戻りました。札幌に着いたのは20時。

疲れたけど、良い休みでした。A君一家、ありがとう!!

2006年10月13日 (金)

函館に行きます

みなさん、ごきげんよう。

明日、友人家族の家に遊びに函館に行きます。今月は自動車保険の切り替えなので去年からの走行距離を確認したら、5,000km程度しか走ってませんでした。学生時代はあちこち走っていたので簡単に1万kmを超えていたのに。働くと時間の制約が大きくなるのでなかなか遠出はできませんね。(一人だと居眠りしやすいし。ちなみに5年前に函館にツーリングに行った帰り、長万部の長い直線道路でかなり長い間居眠りしてました。この話をするとみんな信じてくれないのですが、実話です。)そんなこんなでストレス解消と秋を満喫するために、一人ドライブで函館に行ってきます。

2006年10月12日 (木)

祝・北海道日本ハムファイターズ優勝!!

先月、知り合いに野球のチケットをもらって札幌ドームに行ってきたのをきっかけに、何年かぶりで家でも見るようになりました。まさか、優勝するとは思いませんでした。熱狂的なドラゴンズファンだった数年前だったら、北海道に球団が移ってきて、そのチームが優勝するとは、思いつきもしなかったでしょう。

野球以外でも元気になってくれれば良いですね、北海道!

2006年10月11日 (水)

出口のない海

どうもです。

今日はこれといって話題がないので先日観た映画の感想でも

書こうと思います。

「出口のない海」

原作:横山秀夫、監督:佐々部清、主演:市川海老蔵

時代は太平洋戦争末期。

甲子園の優勝投手である大学生の並木は、海軍に志願。

やがて、人間魚雷「回天」の操縦士となり、戦場に身をおくというお話です。

この回天は、元は魚雷であったが戦力の低下するなかで確実に敵の艦船を沈めるために、人が直接操縦できるように改造した、必殺の特攻兵器。

非常に操縦は困難を極め、操縦ミスにより死ぬ者もいるとう厄介な兵器でもあります。映画では、回天の操縦が困難であることが印象的に描かれ、自分を殺すために訓練する様子に虚しさを感じずにはいられませんでした。どんなに努力してもそれは自分の為にならないどころか、自分を死に近づけるためであるという矛盾。それが映画の最後まで貫かれていました。現在の自分を省みると反省すべきことが多いなあと思いました。竹内まりあのエンディング「返信」という曲は映画の内容に非常にマッチしており、映画館を出る時は、非常に無力感に苛まれました。

ちなみに、昨年公開された「男たちの大和」が動ならば、この作品は間違いなく静の映画です。単なるドンパチを期待している方にはお勧めできません。(この映画でドンパチは全くありません。)

2006年10月10日 (火)

ブログ、はじめました!

ついに、ブログをはじめました。

先日、仕事で文章を書くことがあったのですが、読み返すとこれが読みにくい。

俺ってこんなに文章書くの下手だったかなと反省。

考えてみれば、最近、文章を書くことが少ないなあと思い、

文章の練習をかねて、ブログを始めることにしました。

みなさん、どうぞよろしくお願いします。

トップページ | 2006年11月 »