« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月28日 (木)

いきなり

火曜日の夜、学校が終わり札幌ファクトリーを出た直後、僕の一番古い友人(なんと幼稚園からの付き合い)から電話があり、これから空いているかとのこと。なんでも、小学校時代の同級生二人で焼肉を食べていてまだ時間があったので、誰かいないかということで僕に白羽の矢がたったよう。帰って、勉強したかったのだけど久しぶりだし、短時間ならということで苗穂駅まで迎いに来てもらい、つ○八へ。

結局、3時間くらい長居してしまった。まあ、最近、疲れていたのでちょうどよい息抜きになってよかったのかもしれない。

ところで、日曜日のバッティングセンターの影響か胸の辺りが異常に痛い。最近、机に向っていることが多いので、肩こりもあるのだろうけど、体の調子がいまいちだ。なんか改善する良い方法はないだろうか。

2007年6月24日 (日)

とほほ…

今日は学校が終わってから友人とバッティングセンターとキャッチボールに行ってきました。バッティングセンターでは、久しぶりなのもあってあまりボールに当てることはできず無念。場所を移して、某霊園の原っぱでキャッチボール。肩が慣れてきてさあ、本格的に投げようとしたら、雨・・・。一時、車に退避したけど、本格的に降ってきたので、断念。

仕方ないのでお茶に行こうと思い、友人が着替えるので一度、彼の家に戻る。そしたら雨が上がった、呆然。

まあ、友人の奥さんが妊娠したと聞いたのでまあいいか。おめでとう。元気な赤ちゃんが生まれてくることを祈りつつ楽しみにしているよ!

2007年6月23日 (土)

なかなか

難しいなと、NHKの番組を見ながら思った。現在の雇用問題についての議論形の特集番組。一般の人、有識者が参加しての議論番組。立場や状況が違えば考え方も違うんだなあと改めて認識。ただ、同時に想像力を欠如している人が多いと思う。世の中がそれだけ自己中心的になったからかもしれないけどね。

どちらにしても誰かにどうにかしてもらおうと思っている限りは、現状をかえることはできないということ肝に銘じなければならない。

2007年6月21日 (木)

再び

選挙の季節が近づいています。街中では、選挙に向けて各陣営が連日、街頭演説を続けています。(うるせー。)年金問題がクローズアップされているけど、年金問題の前に若年者の雇用をどうにかする方が先では。かりそめの景気回復に雇用が上向いているからといって、雇用問題やニートの問題が解決したわけではないことをどの程度認識しているのか。我々の世代は、まともに就職できている人は他の世代に比べて少ないことには代わりはないんだけどね。そもそも、年金制度を支えているのは生産年齢の人間なんだけどなあ。数の多い団塊世代に媚を売るのは分かるけど、目先のことだけでなく物事をもっと多角的かつ長期的に考えて欲しい。(結局、日本の政治・経済は数の暴力で成り立っているんだよな)そもそも、政治には何の期待もしてないけどね。

2007年6月17日 (日)

白旗山

今日は、学校が終わって一度、家に戻ってから白旗山に行きました。

室内にこもりすぎてストレスがたまった様でちょっと疲れ気味。なんで、ストレス解消を兼ねて、ミニ登山。当初は平岡公園に行こうと思ったのですが予定変更。

標高321メートルとはいえ、運動不足の体にはちょっときつかったです。頂上に着いたら、汗でびっしょり。やっと頂上に着いたのでさぞ、良い景色なのかと思いきや…--;。

Bimg_0958 何じゃこりゃ~。良い景色どころか何も見えない。頂上なのかもわからない。白旗山という看板と測量の三角点、ベンチ数個。何か思いっきり損した感じがする。そそくさと下山したら、駐車場のあたりで4,5歳の少年がフル○ンで走り回っていた。なんだかなあ。

そういえば、ここ、小学生のとき遠足で来たことがあるような…?

2007年6月16日 (土)

今日も

朝から図書館にこもっていました。

図書館前の芝生では、楽器の練習をしている人がいました。なんかのどかでいい感じでした。やっぱり6月は一番いい季節だ。

2007年6月13日 (水)

暑い

昨日、今日と札幌はとても暑かったけど皆さん、どうでしたか。僕のデスクはフロアの端で角地。おまけにパーテッションで仕切られているので冷房があまり効いていない。窓をあけても埃ばかりで涼しい風がはいらない。だから窓はあけません。自費で買った扇風機がなければ、間違いなくあそこは「サウナ」です。

2007年6月10日 (日)

Y祭

現在、札幌ではY祭りが行われている。学生時代に、一年近く運営側の人間として関わったことがある。僕はこの祭りに肯定的ではなかったけど、高校時代の友人Mが就職活動で関われなくなるから代わりに入ってくれないかということで関わった。最後は、Y祭りの創設者であるH氏と喧嘩別れしたので、あまり良い思い出はない。人には話さない僕の黒歴史である。

その頃の仲間が東京から札幌に旅行に来たので、昨日は付き合って夕方あたりから祭りを見学。一時期のピークは過ぎたのか、観客の数がかなり減ったように感じた。大音量であちこちから流れてくる爆音は不快そのもの。正直、疲れた。すっかり商業ベースになってしまい、あちこちにスポンサーの広告。一糸乱れない踊りは北○鮮のマスゲームを想起させるようで気持ちが悪い。祭りに関わっている人間とそうでない人間との温度差がますます広がったように思う。この祭りにも市場原理が働いているようで、うんざり。きれいごとを言うつもりはないが、そろそろ量の拡大ではなく、質の向上に転換した方がいいんじゃないかなあと思う。

一部の人たちに反感を買わせているのは、踊り子のマナーと音の問題。とりあえず、この二つを解決しない限り、札幌の中で、この祭りは一時的なイベントのままだろうな。

休日

Bimg_0947 先日の試験のあった日、帰宅してから自転車に乗って、僕の原点である。M台に行ってきた。年々、さびれてきて、とても札幌の中とは思えない雰囲気。昔は、どこに行っても子供の声が聞こえていたけど、最近は子供の姿をあまり見かけない。

Bimg_0949 僕が子供時代、スキーを練習していたM台ゲレンデの正面に建つのは、僕の職場で設計施工したE社のソフトセンター。何の因果だろうか。昔はこの辺り、クワガタの宝庫だったけど、Tパークの造成に伴い、それも過去のものになったのは、残念!

2007年6月 4日 (月)

臨戦態勢

これより2ヶ月弱、試験に向けて臨戦態勢に入ります。しばらく、飲みにも行きません。ブログも短いコメント程度の更新に留めますのでよろしく!

試験が終わったら、付き合ってください。(学科が通ると製図試験対策なので10月まで続きますが・・・、1週間くらいは余裕ができるはず)

2007年6月 3日 (日)

本日、

晴天なれど、建築士の模擬試験でした。皆さんはどうでしたか。

気合入れて3日間、みっちり法規漬の成果が多少でて、苦手意識は克服できたようです。しかーし、構造は相変わらず・・・。学生時代は割りと得意だったはずなんだけど、数年のブランクは如何ともしがたいのか。今後の懸案事項。残り2ヶ月弱。なんとかします。全体的に、試験は難易度が高く、前の学力試験よりも平均的はかなり落ち込んでいた。僕はというと、点数がほとんどかわりません・・・。でも余裕で平均点を越えていました。なんか複雑。昔から、周りが点数低いと自分は高く、周りが高いと自分は低かったんですよね、これが。なんの因果か、自分、性格がひねくれているからだろうか?うーん。

Bimg_0950 天気がよかったので、このまま家に帰るのももったいないので友人に連絡してお茶でもと思ったのですが、皆さんお忙しく断念。代わりに、家に戻ってから久々に自転車を持ち出して、サイクリング。なかなか、気持ちがよかった。

また明日からお仕事、お仕事。いろいろ、頑張らねば。

2007年6月 2日 (土)

何回言わせるんだ!

今日も図書館で勉強。(実は木金と仕事を休みました。明日のテストのために。仕事の谷間で時間があったので。)

高校生らしき集団が勉強してたのですが、話し声が絶えない。周りが静かな場所でこそこそ話って実はとても耳障りなんです。一回目は「静かにしてくれる?」。二回目は「さっき言ったこと分かってる?(日本語分かると言おうと思ったけど)。三回目は「しゃべんなら出てけ!」。四回目はという前に敵が撤退。あったら首根っこ捕まえて有無言わずに外に出したと思うけど、残念。

単純な話、そんなに話したいなら外に行けば良いだけなのに、堪え性がないのか、学習能力がないのか、育ちが悪いのか。多分全部なんだろうけど。何にしても、人に迷惑をかけるなよな。

Bimg_0944 あまりに天気が良かったので、図書館閉館後はちょっと、森林公園を散歩。というか半分、走ってたけど。江別の大沢口から瑞穂の池まで往復40分。気持ちが良かった。長年森林公園の近くに住んでいるので、瑞穂の池は幼稚園や小学校の遠足で何度も行っている場所。この場所は何十年経っても変わらない。(昔は池に死体が浮いていたとか変な噂もあったのだけど、この池もともと農業用水のため池で昭和初期につくられたものです。実働年数はそんなに長くなかったと思うけど。なんせ、近くのM台団地は昭和40年くらいから造成が始まっているしね。)

2007年6月 1日 (金)

意見の表明

職業柄、自分の意見を求められたり、考えを形にしなければらない場面が多いので設計者は、基本的に自己中心的だといわれています。(職業がそうだからそうなったわけではなく、もともとそういう因子を持った人が設計者になったのだと思うけど)

だから、煮え切らない態度でうじうじしている奴をみるとイライラします。(昔からそうだったけど。)僕の性格は、元来「即決即断」です。類似語で即行動というのがありますが。最近、僕の知り合いになった人は、僕のことを深慮遠謀の人?だと思うかもしれないけど、実は違うんです。

何かをしようと思った時に意見を表明することは職業や年齢の枠に囚われず大切だと思う。自分が表明することで何かが変わるのだとすればなおさら。秘するが花というのは死語です。それは恋愛に関してもそうかもしれない。自分が想っているのだから相手も想っていてくれるなんていうのは都合の良い話だ。想いや考えは口にすることでしか伝わらない。(今思えば我ながら硬派だったなあと思うけど、僕は中高の頃は良い意味でも悪い意味でも目立っていたから好きな子がいても告白できなかった。相手に迷惑がかかると思ったから。まあそんなんだから今でも彼女がいないし、独身なんだけど・・・。)

ただ、最近は中身がないのに目立つというかおだっている人が多いような気がする。きちんと意見を表明している人とそうでない人を見極めないとなあと漠然と思う。

最後に、今までの話の流れとは矛盾するけど僕の目標は、「無言実行」です。口を出さず手を動かすです。こういうことをいうからお前は職人みたいだと言われるんだよな。

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »