« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月27日 (木)

情報

最近、情報過多で何が本当に重要な情報なのか、仕事の上でも、プライベートでもよくわからなくなっている。だけど、昔から情報を制するものが世界を制してきた。

戦国時代の雄、織田信長もそうである。彼は桶狭間で時の実力者・今川義元を破るまでは一地方の豪族に過ぎなかったが、今川義元を破ったことで天下統一を目指す実力者になった。その桶狭間で論功一番に挙げられたのは、今川義元が桶狭間で陣を敷いたのを報告した斥候(スパイ)だった。

また、太平洋戦争当時、会戦から半年後に起こったミッドウェイ海戦では旧日本海軍は、アメリカに暗号を解読されたため攻撃目標が露呈し、待ち構えていたアメリカ海軍に空母4隻を撃沈される大敗北を喫した。これによって日本側に傾いていた戦局が一気にアメリカ側に傾き、負け続けるきっかけをつくってしまった。

他に大国は情報を重要と考え、アメリカはCIA、旧ソビエトはKGB、イギリスはMI6など情報を専門に扱う情報局を持っている。さらに、欧米諸国では007に見れるように情報局のエージェントは国民的ヒーローである。(日本だと卑怯だと思われる風潮があるが)

前置きが長くなってしまったけど、人の知らない情報を握っていることは、ビジネスを進める上で強力な武器になる。それを逆手にとって、人を騙して手玉に取ることもできるから、情報の取り扱いには気をつけなければならない。世の中にある情報にはおおよそ方向性というかベクトルかがかけられている。情報発信者のある種の主観と言うか意図が含まれていることが多い。対象を過大もしくは過小に評価したり、嘘が多分に含まれたりと様々だ。ファッション誌や専門誌なんかも今の流行はこれだと情報を流すけど、実のところは発信者のならんかの意図によるところが大きい。全てではないけど、ある種のムーブメントを起こそうとしていることがある。

そういった情報に左右されないためには、裏の取れない情報や出所不明な情報は、インデックスとして利用するとしても安易に信じない。利益の対立する陣営同士の情報の場合、一方的に流している情報に安易に耳を傾けない。多くの情報の中から必要な情報を引き上げるために、日頃から知識の補充を欠かさない。いち早く情報をキャッチし判断するために、人的ネットワークの構築に心がける。(前に述べた個人が各個撃破されている状況では難しいけど、友人関係を中心に色んな分野に知り合いを増やす。そうすると仕事に限ったことだけではなく、人生においても楽しみが増えると思う。)

最近、言った者勝ち、やった者勝ちの風潮があるのでなおさらこのようなことが大切になってきていると思う今日この頃です。

2007年9月26日 (水)

500㎞

先日の日曜、職場の人が主催しているツーリングクラブに参加して往復500㎞のツーリングに行ってきました。目的地は羽幌。朝7時30分、大通公園を出発。江別まで国道275号線を走り、途中から新篠津の農道を走る。農道だからきちんと整備していないので、いたるところに窪地。それでもお構いなく皆、100㎞/hで飛ばしていく。僕は怖くてアクセルが開けられなかったけど。再び国道に戻り、鶴沼の道の駅で休憩。羽幌までは海側ではなく、山側の道道を通る。ライダーの間では有名な、高速ワインディングロードへ突入。これまた皆、ほぼ100㎞/hオーバーで走っている。出している人だと、直線だと200㎞/hオーバー。(命がいくつあっても足りない!)僕はまたついて行けず。5時間走ること13:00近くに羽幌到着。吉里吉里というライダーの間じゃ有名なカフェ&宿で昼を食べて、少し休憩してから帰路につく。最近取り締まりが厳しいので海沿いの国道を避けて、来た道を戻る。札幌に着いたのは18:00。

つくづく、実力の差を見せ付けられた1日だった。腕を磨かなければ。(あまり説得力はないけど、皆さん安全運転には心がけましょう。一緒に行った人たちはレースに出てた人もいるし、何十年もバイクに乗っている人たちです。超一流のテクニックをもっているので無謀とは縁遠い人たちです。見た目だけ真似しようとすれば命はありませんのであしからず。)

当然、次の日はひどい筋肉痛に見舞われ朝はなかなか起きれませんでした・・・。

あと法律云々の話をするつもりはありませんが、制限速度を守っているから良いのではなく、道路を走る車の流れに乗りましょう。実直に制限速度を守るのは安全ではなく、むしろ危険です。自信がないのなら、無理してワインディングを走らない。どうしても走るのなら、後続に道を譲りましょう。最近、いろんな意味で危険な走行をしているのを見ます。

2007年9月20日 (木)

救急車

最近、毎日のように救急車のサイレン音を耳にします。それだけ救急車の出動が多いということなのでしょう。室蘭で学生をしていた時に、聞いた話です。

救急車は、人口3万人当たりに1台の割合で配備されているそうです。当時の室蘭はかろうじて人口10万人を保っていたので3台+予備1台の計4台配備されていました。その頃からすでに室蘭では救急車の出動要請がとても多かったのですが、出動要請の多くは、病院までタクシー代わりに乗せてもらおうというものだそうです。そのため、本当に救急車を必要としている人が間に合わなかった事例もありとても問題視されていました。

先日、テレビでも新聞記事を取り上げて東京都の救急車の現場到着時間がこの5年で1分延びたそうです。東京の場合は道路の渋滞がひどいので単純に比較はできないけど、やはり室蘭と同じ理由で時間が延びているようなことを言ってました。僕はしばらく救急車は有料なんだと思っていましたが、実は無料なんですね。しかしながら、タクシー代わりに出動要請をする人がいるので有料化しようかという動きもあるとか。

歳をとって、体が自由に動かなくなり楽をしたい気持ちはわかります。でもその怠惰のおかげ助けることができる命を失ってしまうのは本末転倒だ。昔から老人はいたし、僕の祖母だって腰が曲がって見るからに痛々しいけど、元気に自分の足で歩いています。日頃から体を動かして歳をとっても寝たきりにならないようにすることが大事だなあと思う今日この頃です。(日本のように介護の必要な寝たきり老人をたくさん抱えている国は他にはありません。それを考えると、法律同様に日本人は自分のことに関して甘いと思います。自身の健康は自身で守るものだし、一度体を壊してから完治することは難しい。また、これからは医療費も自己負担が増えるだろうし、一人一人どうするかきちんと考えなければならないのでしょうね。)

2007年9月19日 (水)

日本的風景

皆さん、日本的な風景はなんですかと問われたら、何と答えますか?

現在の日本だと電線とコンビニのある風景がそうだと思います。先に挙げた、ヱヴァンゲリヲンの劇中では、その電線のある風景がよくでてきます。そこに出てくる街は一見、近未来の都市に見えるのだけど電線があることによって状況の説明がなくても日本だということがわかります。また、アニメーション監督の押井守の作品では、コンビニがよく出てきます。これも日本であるということがわかる一種のイコンになっているように思います。

海外の街並みと比べるとこれらが日本であることを知らしめる象徴になっているのだと思います。(海外だと堂々と街中を電線が走っていたり、大きく派手なコンビ二の看板は存在しない。)実写と違いアニメーションは、すべてが意図的に描かれている。そこには日本という場所を表すのはこれだという意思が伝わる。

なんとなく、日本の風景が情緒的ではなく、モダニズムの目指した、均質化と機能分化を体現したようなコンビにや電線とういうかたちに取って代わったのは寂しいような面白いような複雑な気持ちにさせられる。

2007年9月16日 (日)

見学

今日は建築家の設計した住宅を見学、そして久々に映画を鑑賞。

Bimg_1055 北海Bimg_1039道工業大学で教鞭をとられている建築家・川人洋志氏の設計されたKM邸を拝見させて頂いた。通常は建築家の設計した家とはいえ、一般に見学することはできないのですが、オープンハウスいって、住宅を建築主に引き渡す前に建築関係者やクライアント候補、一般の人に公開されることがある。

一階部分が半地下になっており、道路から階段で少し降りたところに玄関がある。内部は、一階がLDで、二階が居室になっている。二階部分は居室の一部が入子状(箱の中に箱があるような状態)になっており、その天井というか屋根の部分が、空間に立体的な余白を与えている。手が届きそうで届かないその感じが内部に感覚的な奥行をつくっており、とても不思議な感じだった。外観のシンプルさがボリュームとして大きく感じさせているが、中に入る、外観とは受ける印象が違い小さく感じたが、それは部屋同士の関係の密度が大きかったからだろうと思う。

映画は、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序を観賞。

この作品は、12年前丁度僕が高校を卒業した年にテレビで放映されていたアニメである。当時は、夕方の放送であったけど、その時間にはちょっとというような際どい場面があった。内容も一見難解な言葉で構成されていて支離滅裂な部分があり、放映の最後の方は訳が分からず、内省的でとても暗い作品であった。ただ、デザイン面で社会に与えた影響は大きく、コピーにおける文字の配置や色の使い方など今でもその影響を見ることができる。今回の映画は、過去の作品とは少し違った解釈を与え、4部構成とし、全編新作の作画である。今回の序では、大きくストーリーが変わるところはなく、12年で進化したCG表現を堪能した感じである。結婚し、角の取れた監督・庵野秀明が残りの3部作をどうまとめいくか楽しみである。

ちなみに全然脈絡はないけど、庵野秀明は、僕の出たK高校の先輩である漫画家・島本和彦の大阪芸大時代の同期だったようです。

2007年9月14日 (金)

思えば遠くへ

職場の人の息子さん(4歳)が最近、自転車の補助輪を外してのれるようになったそうです。4歳なのに成長が早い。僕なんかは幼稚園の年長の時だったからそれに比べるととても早い。その職場の人はバイクに乗るんだけど、息子さんは今度はバイクの乗り方を教えろとせがんでいるそうです。頼もしいやら恐ろしいやら。

僕は昔からあちこちに行くのが好きで補助輪が外れた時から親の目を盗んでは、自転車で遠くへ行ってました。小学校の2年生だったか、友人と二人で友人のおばあさんの家へ自転車で行きました。大人でも長く感じる距離でおそらく片道10㎞以上はあったのではないだろうか。道に迷うことなくピンポイントで行き着きました。当然、自分の親に内緒にしていましたが、友人の親からそのことがばれてしまった。その後はこっぴどく怒られたのはお約束。以後も懲りることなく自転車であちこち行ったのは今では良い思い出です。

2007年9月12日 (水)

建築基準法改正

今年の6月に建築基準法が改正された。一般には周知されていないので建築関係の仕事をしていない人には知られていない。

通常、建築基準法は建物に倒壊被害が出るような大地震の数年後に改正されることが多いのだけど、今回はマンション耐震偽造問題いわゆる姉歯事件に関連して改正されたものである。改正のポイントは、①構造計算書の第三者機関によるチェック、②設計変更に対する厳格な処置(確認変更申請中の工事ストップ)などである。構造に関する部分がかなり厳格に法制化されたとともに、今まで慣習的に許されてきたことが厳格に法制化されたためできなくなり、現場に相当な混乱が起こっている。

難しく書いてしまったが、つまり、工事着工後の設計変更は基本的に認めませんよということであり、行政側や民間の確認審査機関に対しては、きちんと構造計算書を確認しなさいということである。(信じられないことだけど、地方の自治体によっては構造計算書をきちんと確認しないで確認申請を通していたところもある)

確認申請の厳格化は、審査に時間がかかるため小規模の設計事務所にとっては死活問題であり、今後、事務所を閉鎖するところが増加すると思われる。(瑕疵に対する補償能力のない中小規模の設計事務所は認めないという国土交通省の意思表示のようにも思える。)

現場がはじまってから当初のイメージとは違うから設計を変更することは、問題のある行為ではない。むしろ建築文化を向上させるためには必要なことだ。しかしながら、一部の不届き者のために法改正が行われ、設計の自由度を奪われるのはとても不幸なことだ。そもそも姉歯事件にしても、法制度が間違っていたわけではなく、法の運用レベルの問題であるのに、世論に押されるかたちで法改正をしてしまった。ここ数日、同じことを言っているような気がするが、どんなに制度を厳しくしたところでそれがきちんと運用されていなければ、ないのと同じだ。(飲食店のビルに行った時によく見て欲しいのだけど、非常階段や非常扉に荷物が積んであることがある。これらはどんなに法を厳しくしてもそこを使っている人たちの意識が変わらないかぎり改善されることはないだろう。消防法を厳しくすることでななく、消防士の啓蒙活動が大事だと思う。)

だから僕は、規制や法律を増やすことにかなり疑問をもっている。どんなに良いバイクを持っていてもライディングの技術がなければ峠を楽しく走ることはできないのと同じだと思う。逆に言えば、排気量の小さなバイクでも腕次第では、排気量の大きいバイクを負かすことができる。

2007年9月11日 (火)

ワイドショー的情報開示に思う

最近、選挙で当選したり、スポーツや芸能で活躍すると決まってその人の後ろめたい情報が開示されたり、バッシングに繋がるような報道のされ方をよく見ます。正直言って不快そのものです。

人は誰でも過去に色々なことを経験したり、失敗をしてきた。時には人には言えないこともあるでしょう。犯罪を犯したのなら別だけど、そうでなければ過去の自分をいちいちさらけ出す必要はないのだと思う。肝心なのは今何ができ、これからどうするかであって過去の汚点はどうでもよい。それをいちいち根掘り葉掘り、調べ上げて世間に公表するマスメディアには、失望以外の何者でもない。批評精神を忘れ、受けねらいのワイドショーのような報道しかできないのであればそんなマスコミはいらない。過去誰と不倫しただとか、元キャバ嬢の政治家だとかそんなことをいくら報道しても、何も建設的ではない。

2007年9月 9日 (日)

妊婦たらい回しに思う

昨年と今年と二年続けて、妊婦がたらい回しにあった事件。当初は地方特有の医者不足とそれをわかっていながら、搬送制度に不備があるのを知りながら放置した自治体と受け入れ側の病院の不備が問題であると思われていた。だけど、最近の新聞報道によると、搬送される側の妊婦にも問題があったことが判明した。同様の事例が各地で発生しており、そのほとんどがかかりつけ医のいない妊婦であった。つまり、妊娠しているのを知っていながら、病院に通院していなかったのである。現在の日本の医療制度では、他院に通っている患者や重病でありながら通院していない患者を敬遠する傾向にある。(僕も持病をもっているが地方にいたとき、風邪をひいた際、点滴を打ってもらおうと夜間診療に行ったが、やはり、他院にかかっているからという理由でそちらに行ってくださいと言われた。今辛くて来ているのに、時間とお金をかけてなぜ、遠くの病院に行かねばならないのか。その時は、いいから打てと僕が言ったので点滴を打ってもらえたが、他人の患者にはとても及び腰だ。これでもそこは地方の拠点病院である。)それは、何か起きたときに責任を取りたくないという防衛策であるとともに、医師が記入するカルテが患者個人の所有物ではなく医師の持ち物であり、その情報が医師間で共有されていないことが問題なのである。

話がそれてしまったけど、妊娠していながら通院せず、何か起きたときにたらい回しされるのは起こるべくしておこったのだとすれば人の命に対してあまりにも安易すぎる。ただ、健康保険も払えず、それで病院に行けなかった場合もあるようなので患者を一方的に責めるわけにもいかない。(健康保険もなく妊娠させるな、するなという気持ちはあるが)何にしても、産婦人科に関することだけではなく、医療政策、一般の人の医療に対する認識、医師の認識それぞれで今までとは違うのだという、意識の変革が必要な時なのかもしれない。

テレビで見たが、そんななかでも、宮崎県の有事の際の妊婦受け入れ制度は頑張っているなあと感じた。一次受け入れであるいわゆる街医者ができるだけ受け入れて、それでも対処できない場合は、二次受け入れである中核病院、三次受け入れである大学病院が面倒を見る。街医者ができるだけ受け入れる変わりに、大病院は満床でも絶対に受け入れを拒否しない。

なかなか安心できる制度はできないので、健康面で困った時に相談できるかかりつけ医は必要だと思う。

2007年9月 6日 (木)

腰痛再び

日曜から腰が痛く、家にいる間はずっと横になっています。そのため、ブログの更新が滞っています。(今も横になりながらキーボードを打っています。)

仕事を休むわけにもいかず、日中はずっと椅子に座っているので辛いです。月曜はそんなんで痛みで意識が朦朧としてました。みなさん腰には気をつけましょう。

2007年9月 2日 (日)

この1週間

ご無沙汰しております。

とりあえずコンペも終わって、ゆっくりできる1週間かと思いきや、週の半ばに入った仕事により突如、状況が一変。ある建築賞に応募するための資料作成を頼まれた。提出の2日前。(賞を取るつもりがないとしか思えないが・・・)1,2日できることなんて知れているので、急ぎで取り組む。ほとんど終電近くで帰宅。時間が時間なのでいつもと違い、地下鉄で帰宅。倹約のために、終点からはタクシーを使わず帰った(徒歩40分)ので、クタクタ。家に帰ってもパソコンをつける気力がなくダウンと言うわけです。

土曜日は昼からバイクに乗る。燃料を補給して軽くその辺を走るつもりが晴天に誘われ、気づくと200㎞走っていた。おかげで腰が痛い・・・。定山渓に回って定山渓ダムを見学。ダム内で一般開放されている部分で10℃を体験。時折、聞こえるポチャンという音がえらく緊張感を与えていた。そこから前から気になっていた今は閉鎖された豊羽鉱山(2006年閉山)に通じる道を走る。先は行き止まりなんだけど、ライディングの練習には最適なことを発見。折り返し戻ってきて、今度は朝里峠を走る。先日走った、万字峠に比べると楽に走れたので少しがっかり。小樽方面に下りてからは小樽のベットタウンである望洋台による。そこでよい景色が眺められる場所と自動車学校のコースのように自由にライディングの練習のできる造成途中で開発が中止された場所を発見。国道5号線にでて札幌方面へ。銭函から石狩に抜け、石狩浜へ。日が海に落ちるのを確認して一路自宅へ。茨戸川沿いの直線道路を札幌方面へ向けて爆走。あいの里を経由してモエレ沼公園(夜もなかなか良いです)を横目に、雁来を通って大麻を回り、帰宅。あー疲れた。

今日は、昼を友人夫婦と一緒する。平岡公園近くのBasil(僕はまちがえてバジルと言ってしまったけど正確にはべいじる)で食事。パスタを中心とした洋食の店。夜はジャズの流れるお洒落な店なので今度、夜に行ってみようと思う。味はなかなかよかった。味付けは濃すぎずかといって物足りないわけでもなく、ほどほどの味付けで気に入った。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »