« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

「家」の購入について

持ち家の購入について。

最近、年齢的なものもありますが、自分の周りでは住宅を購入する人が多くなってきました。新築の戸建住宅、マンション、中古住宅等、色々ありますが。

相談されてなににすればよいかアドバイスするとしたら、間違いなく中古の戸建です。えっ、新築住宅じゃないのと言われそうですが。建築家とすれば新築住宅を設計するのが一番おもしろいかもしれない。でも、これだけ経済状況が悪化し、デフレで給料が上がらない状況。それを考えると高額のローンを組んで、返済に苦労するのは目に見えてます。

そうであれば、購入金額が新築よりも安く、ローンが早く支払い終わる中古住宅の方が良いと思います。また、世の中にはメンテナンスフリーの住宅があると思っている人がいますが、新築だろう中古だろうと、定期的なメンテナンスを行わないと住宅の性能はすぐ落ちます。ハウスメーカーなどは自社の製品を売るために声高にメンテナンスフリーを掲げていますが幻想なのでご注意を。定期的にメンテしたほうが長い目で見れば、大規模修繕時にかかる金額も抑えられます。

いずれにしても住宅は生き物です。家族の成長により、数年後には不都合が生じるのでプランの変更をしなければならないこともあります。そうであれば、ローンを早く済ませ、増築なり、改築した方が良いと思います。最近、建築業界でも、新築よりも建物を改修して、長く使おうという雰囲気があります。それは、経済的なことだけでなく、環境的な観点から望まれていることなんですが。(建物解体時の二酸化炭素の排出を防ぐという意味で)

今後も色々な意味で、建物の改修や修繕というのは多くなるでしょう。建物の設計する側も、施工する側も、もちろん建築主も考え方を変えていかなければならないでしょう。

ちなみに分譲マンションの購入を僕は薦めません。理由は、マンションの大規模修繕時に必ずトラブルになることが一番の理由です。もともと、経済状況や家族の状況が違う人たちが集まって住んでいるのですから、考えがまとまるはずがありません。修繕すべき時期を越えているのに一向に修繕できないマンションがかなりあります。時が経てば経つほど住宅の性能は落ちるわけですから、住み辛くもなるし、資産価値も下がります。それだけではないですがこういった視点だけも購入することを薦めません。どうしも住みたい人がいれば、契約時に大規模修繕時のことも契約に盛り込むべきです。

2009年10月29日 (木)

不毛地帯

今日は、テレビで不毛地帯が放送されるので急いで帰宅しました。

僕は基本的に大河ドラマ以外のテレビドラマはほとんど観ないのですが、山崎豊子原作ものには目がありません。やはり、ああいう複雑な人間関係の描写は女性の方が、男よりも一枚も二枚も上手ですね。

今夜も何かありそうなので楽しみです。

2009年10月27日 (火)

最近

どうも、やる気が起こらない日が続いています。

試験が終わったらと昨年まで週刊フェラーリを買っていたのですが今現在も手付かず。本も数冊買ってあるのですがどうも読む気にならない。

昔のボクシング漫画ではないですが、「真っ白だ」というわけではないのだけど、元に戻るまでしばらくかかるかもしれない。

せっかく勉強から開放されたのにもったいない。

2009年10月25日 (日)

試験後

試験が終わってから2週間。いまいちやる気のない日々が続いています。そんな中でも、いろんな友人たちからねぎらいのメールや飲み会に誘ってもらったりしています。本当にありがたいことです。

今週末は、そんなで忙しかったです。

金曜日は、仕事を終えてから自宅で着替え、高校時代の友人と近所の温泉へ。湯船につかりながらだらだらと1時間以上、話す。その後、焼肉に行き友人宅へ。友人の奥さんは出産のため実家に帰っているようなのでまただらだらと一杯ビールを飲みながら話す。

翌朝、朝早くに友人が奥さんの実家に向かうので朝焼けのなかを車で走り、帰宅。

朝食後、用事を済ませた後、バイクで出かける。

昨年末に、倒産したバイクショップに勤めていた人が独立したので話を聞きに行く。腕の良い人だったのでその後どうなったのか気になっていたが一安心。今年の冬、バイクを預ける約束とその後の整備をお願いする。

昼頃から職場のバイク仲間と栗山と夕張の間にある万字峠に行く。ここは走り屋のメッカでライディングの練習には最高の場所。久しぶりにライディングの練習をする。ただ、いつもより車の往来が多かったようだが、夕張の生キャラメルの影響だろうか。

帰りは寒かったので、長沼のいつものカフェで暖をとる。

帰宅後、後片付けをして、新札幌へ。中学からの友人が遠方より飲みにくるということなので、新札幌のいつもの店で飲む。いつものようにダラダラと話す。

試験勉強中はみんな遠慮して声をかけなかったみたいなので、本当、感謝です。ありがとうございます。今後、どうなるかわかりませんが、出来るだけブログも更新していくのでよろしく。なにか、これについて意見を聞きたいとか、要望があれば書き込んでください。

2009年10月18日 (日)

09.04事件

前にちらっと書いた、マンション管理人とのトラブル。(普通に考えればトラブルでもなんでもないのだが)

9月4日夜。前から気になっていた駐輪場使用の契約をしていない二輪車について、解決策を聞くため管理人に電話。こちらの名前を告げた瞬間、明らかに電話の対応が悪くなる。(それによって誰が出たのか瞬時にわかる)

夜勤でよくわからないので、明日、電話するとのこと。しばらくして、携帯電話がなる。(管理任から)「先ほど電話をいただいた方でしょうか。」「はい。(教えもしてないし、携帯に直接かけてもよいとも許可もしてないのに勝手かけてきたのでこちらはかなり気分を害する)」

「先ほどの電話の件ですが、おしゃっていることの意味が良くわからないのですが」「意味がわからない・・・(あんたの頭の方が意味わからねーよと思いつつ)。わかりました。わかるように説明するから駐輪場に来なさい。」

結局、問題の二輪車は視認不可能なところに契約シールを貼っていた由。それについては、素直に謝罪する。ただ、今までの数年の経緯から何もやってこなかったことに対して問いただすと、そんな私のいなかったときのことを話されても私には関係ないのでの一点張り。そのうち、「私は明日で首になるからいいじゃないですかと開き直る。」「あんた、年はいくつ」「61歳」「前の職業は配管屋」「配管屋だからこういう話し方しかできないんですよ」「僕も建築の設計の仕事してて、配管の仕事をしている人にたくさん会うけど、あんたみたいな話方する人に会ったことないよ。」「・・・(絶句)。〈先日の電車の学生もそうだが、よく素性のわからない人間にけんか売るのはやめた方がいいと思う。相手が常識的な範疇で応対しているならなおさら。人によっては怪我だけですまなくなると思うが。〉」

その後、管理人の上長がいるので直接話してくれとのことで、管理センターまで連れて行かれる。

その上長と話すと、問題の管理人は、窓口や電話での応対が悪く、住人とのトラブルが多く手を焼いていたとのこと。解雇に関しては、もともと一年契約でたまたま今回の件と関係なく、夜勤明けに契約終了とのこと。この管理人が極解して、周囲に言いふらしているだけらしい。

それにしても、子会社とはいえ、旧財閥系の最大手の不動産会社の系列の人間とは思えない、酷い管理人。こんなのがまかり通るのなら、なんでもありだよなあ。

慰労会

昨日、友人家族が製図試験のお疲れさん会を開いてくれました。どうもありがとう!

ここしばらく、酒も飲まず、ちょっとバイクに乗る以外はどこにも出かけなかったので、久々に羽をのばせました。子供たちとも戯れ、良い汗もかきました。

大げさですが、何か社会復帰したような気分です。今後のことはわかりませんが、ゆっくり考えながら嫁探しでもします。誰か良い人がいたら紹介してください。素のマリオは、ブログとは違い、いたって単純な人間なんで怖くないですよ~!(説得力ないか)

しばらくは、来月の今年最後のツーリング以外は今のところ予定がないので、時間があったら誘ってください。最近、運動不足なんで体も動かしたいなあと思ってます。

2009年10月16日 (金)

大人気ない

久々に大人気ないことをしました。

20歳くらいの専門学校生らしき人間の胸倉をつかみました。人の胸倉をつかんだんのは小学校以来のような気がします。

今朝、いつものように出勤するのに列車に乗り込む。手すりがひとつあいていたのでそこに行く。そうすると、その周辺にいた学生がお尻を突き出してくる。なので、もう少し詰めてくれると普通に話す。聞いていない様子なので、聞いてると繰り返したが、仲間らしき学生がこれ以上詰められるわけないでしょうみたいな茶々を入れてくる。明らかに人一人分のスペースはあるのだが。

しばらくすると人の足を踏もうとするは、わざとぶつかろうとするはやりたい放題。思わず喧嘩売ってるのかと凄んでしまった。その後も、慣性の法則がとか言いつつ人のつかまってるつり革にちょっかいをかけるは行動がエスカレートするも、その彼は実はビビッて震えているのに気づく。最後に、いいかげんにしないなら鉄道警察隊に行こうかと言うと、俺は良いんですけど親が許さないのでと意味不明な発言をする。そして極めつけは読んでた本で、喧嘩を売るようなことをするなあと頭を小突いてやった。あとは沈黙。

まあ大人気ないことをしてしまったのは反省しなければならないけど、最近のガキどもは怒られ慣れていないのだなあと実感。僕なんかはいつも怒られていたので、怒られれば素直に謝ったもんです。

みんな見て見ぬふりをすることがこうやって、どんどんマナーを悪化させる。悪循環はどこかで断つべきです。それに、自分自身の周りも変えられない人間が何を変えられるのだろうか。

2009年10月12日 (月)

終了

建築士の製図試験が終わりました。

今年の出来は、まずかきあげたので未完で即失格ということはまずありません。終了直後にミスに気づくくらい、余裕もあったので馬鹿みたいなミスがない限りはおそらく大丈夫だろうと思います。

とはいえ、この試験。政治状況や社会状況に合格者の数が左右されるので有名なので、たとえかきあげてもどうなるかわかりません。合格発表まではどうなるか、本当にわからない。

今日はもう寝ます。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »