« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月27日 (日)

言葉足らずな上司

職場の僕の所属するグループのリーダーはとても頭の回転の良い人ですが、せっかちなせいか、字も汚いし、「あれ」とか「これ」とかとても指示語の多い人で少々困惑しています。都合が悪くなると「俺バカだから」とはぐらかしたりもします。(そう言う人は実はプライドが高かったりするので要注意です。)

知ったかぶりをして迷惑をかけるといけないのでわからないことを伝えると、わかれと言うし、これからどう仕事しようか思案のしどころです。

どうもうちの職場は、物事を明確にしたり、わかりやすく伝えることが苦手な人が多いのかなあという印象を持ちます。

仕事をする上で、何の件なのかまず頭で伝えたり、ひとまず物事を単純化してわかりやすくするというのは半ば常識という気がしていたのだけどそうでもないのだろうか。

皆さんの周りではどうでしょう?

友人の引越し

中学からの友人が中古住宅を購入し引越すことになりました。

その手伝いに今日、行ってきました。

その友人の引越し先に身内以外で一番乗りしたのは僕でした。過去2回とも、僕でこれでハットトリックです。(何のこっちゃ)

最近、札幌はとても暑く蒸しているので少し動いただけで汗が噴出します。思えば最近、休みの度に体を酷使しているような気がします。

マリオ部屋を用意してくれるとのことなので楽しみです。

またその友人は、ライダーとしても復帰するのでこれまた楽しみ。最近、同年齢ライダーがいなかったので待ちに待ったというところです。

2010年6月20日 (日)

疲れた1週間

14日の週は疲れました。

火・木・金・土と飲み会が続き、本日はママチャリ耐久レース。

飲み会のうち3回はプライベートでしたが、こんなに続けての飲み会は久しぶりでした。特に金曜日は仕事の打ち合わせの初顔合わせだったので余計疲れました。

ママチャリは、昔の杵柄でどうにかなるかと思いましたが、ダメですね。タイムこそそこそこ出せましたが、昔のような感覚で走ることができませんでした。足が上がらない・・・。歳には勝てませんな。ヘロヘロなので今日は早く寝ます。

2010年6月16日 (水)

高校生に怒る

最近、北海道も暑くなってきました。

うちの会社もクールビズで軽装がOKになりましたが、それに合わせて空調の設定温度も高くなったのでとても過ごし辛いです。頭がボーっとして仕事の効率が下がります。昨年、前の職場で使っていたデスクファンを持っていこうかと思います。

今日は、ノー残業でだったので組合主催の講演会がありました。お題はワークライフバランスについて。終わってから仕事をしていこうと思ったのですが、日中の暑さと講演会ですっかり疲れたので今日は帰ることにしました。

今日は雨降りだったのでバスで通勤。なので帰りももちろんバス。途中で乗ってきた近くの私立高校の学生たち。まるで学校の中のように大声で話し始める。最近のお子様はあまり周囲の状況を考えていないようだし、どこへ行っても家や学校と同じように振舞う。TPOなんていうのはもはや死後なのでしょう。

あまりに大騒ぎするし、降りる人に構わず通路塞ぐ所業。久々に鬼のマリオが光臨なさいました。「そこの高校生。学校の中じゃねーんだから騒ぐな。」睨みながらも黙りました。

これまた最近のお子様の傾向だけど怒られても謝るということをしない。親の教育がなっていないことがよくわかる。もっとも彼らの親の世代も会社では問題児の集団だからね。(僕の場合は怒られても心の中で舌を出していたので今の子達よりも実際ははるかに性質の悪いお子様だったと思うけど。それにしても周囲の大人がだらしなすぎる!)

さて、仕事もそろそろ忙しくなりそうな雰囲気です。のんびりできるのもあとわずかな時間のような気がします。どうなることやら。

2010年6月13日 (日)

同窓会札幌支部

金曜日に、出身大学院の同窓会の札幌支部の総会懇親会というのに出席しました。半ば強制適な半分会社の仕事なので面白いものではありませんでした。

会は2時間だけど、その半分近くを来賓の話で占められてとても苦痛でした。各人スピーチを頼まれて気合を入れて原稿を書き上げているだけあってとても話が長かった・・・。最近の若い人はこのような席に出席されない上、同窓会の入会者が少ない等の話が続きました。

まあ、食事をする前に1時間近くも身にならない話を聞かされた上、景気の良かった時代の思い出話を聞かされても腹が立つだけなのにわざわざお金を払って時間を空けてくる物好きはいないですよね。

今の時代、結論を先に述べる、根拠は端的に、わかりやすくです。仕事でも会話でもそうだけどダラダラするのは嫌われます。今の時代、情報過多な上、作業量も多いわけだから、コンパクトかつシンプルは常識と思います。(個人的には気が短いのでダラダラするのが嫌いなのもあるけど)

来週は、モエレ沼でママチャリ耐久レースに職場で参加するのでお付き合いで参加です。

2010年6月 6日 (日)

変わること

人でも物でも制度でも普遍的に言えることだが、変われないものは生き残ることができない。

過去がこうだったとか、以前はこうだっとか、このときはこうだったとか言っても前提条件や状況が異なれば参考になっても参照することはできない。

これは自戒も含めての話だが、新しいことにチャレンジできなくなったとき自分は老いたのだろうなあと思う。そのときは自分が今の仕事をやめるときなのだろうと思う。今は環境が変わったこともあるが少し臆病になっているような気がする。もちろん建築の知識は環境が変わろうとも普遍的なものだが、そこに至るプロセス、例えばCADやプレゼの手法など新しいやり方に慣れるまでは時間がかかるのでどれくらいでできるかわからない。そういったことが少し恐ろしく感じる。

周囲が変わらずにイライラするときは自分が変わるのが一番。これは僕が前の職場で5年勤めて得た教訓の一つです。(僕の場合は職場自体も替えてしまいましたが、前の職場も漏れ聞くところによると相変わらずの惨状のようです。現在の職場と共同で仕事をすることになりそうなので少し憂鬱です。といっても僕が担当になるわけではないでしょうけど。)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »