« 仕事を指示すれば終わりか | トップページ | 同窓会札幌支部 »

2010年6月 6日 (日)

変わること

人でも物でも制度でも普遍的に言えることだが、変われないものは生き残ることができない。

過去がこうだったとか、以前はこうだっとか、このときはこうだったとか言っても前提条件や状況が異なれば参考になっても参照することはできない。

これは自戒も含めての話だが、新しいことにチャレンジできなくなったとき自分は老いたのだろうなあと思う。そのときは自分が今の仕事をやめるときなのだろうと思う。今は環境が変わったこともあるが少し臆病になっているような気がする。もちろん建築の知識は環境が変わろうとも普遍的なものだが、そこに至るプロセス、例えばCADやプレゼの手法など新しいやり方に慣れるまでは時間がかかるのでどれくらいでできるかわからない。そういったことが少し恐ろしく感じる。

周囲が変わらずにイライラするときは自分が変わるのが一番。これは僕が前の職場で5年勤めて得た教訓の一つです。(僕の場合は職場自体も替えてしまいましたが、前の職場も漏れ聞くところによると相変わらずの惨状のようです。現在の職場と共同で仕事をすることになりそうなので少し憂鬱です。といっても僕が担当になるわけではないでしょうけど。)

« 仕事を指示すれば終わりか | トップページ | 同窓会札幌支部 »

コメント

>周囲が変わらずにイライラするときは自分が変わるのが一番。

なるほど…。
確かに一理ありますね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 仕事を指示すれば終わりか | トップページ | 同窓会札幌支部 »