« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

忙しかった金曜日

1ヶ月前から、金曜日は某再開発計画の設計打ち合わせになっており、午後は丸々潰れます。だいたい休みなく6時間近くの長丁場です。最近は、内容が収束してきたので昨日は、いつもより早く終わりました。

前日は、グループ長が打ち合わせの内容にショックを受け、社に戻らずそのまま午後休暇にしてしまったので、そのシワ寄せで金曜の午前中は午後の準備で大忙し。関係各所に連絡を取ったり、資料を用意したり昼休みも休息せずに出かける羽目に。

打ち合わせ後は、そのまま飲み会になり。2次会は遠慮して一度、帰社。資料を軽く整理し、メールを送って退社。めずらしくうちの部に誰もいなかった。

その後は新札幌の友人の店へ。中学時代の友人から誘いがあり、めずらしく夫婦そろって飲みに。奥さんの友人たちと飲みました。店に行ったら、小学時代の同級生も来てて、お互いにオー状態。中学生の息子と奥さんと家族で来てました。(これがまたおやじに似ずにできた息子だ)

詳細はややこしいので省略しますが、中学の友人(奥さんの方)と小学の同級生の奥さんが知り合いらしく、世の中の狭さを実感。

疲れていたせいか、飲みすぎたせいかはわかりませんが久しぶりに二日酔いです。(家に帰って歯も磨かず、シャワーも入らず、いつの間にかに畳の上で大の字になって寝てました。気づいたら、朝7時でした。)

最近、金曜日は本当に疲れます。まあ、そんなこと気にせずにまた誘ってください。

2010年7月24日 (土)

年上に説教

最近、仕事の愚痴が多く恐縮ですが今日もです。ご勘弁を。

現在、自分の仕事以外で調査に行った施設の整理をしています。僕は入ったばかりで自分ひとりの業務がないので忙しくない(本当は十分忙しいのですが)し、建築士の試験もないので他の人よりも余裕がある分、先行して整理できていますがそれでも予定のスケジュールより遅れています。

それで仕事の管理をしている次長から担当者が叱責を受けたらしく、オロオロしてました。何を今更ですが彼は今週、ずっと早く帰ってました。僕の学生時代の後輩が騒いでそのおかげで自分が叱責を受けたと子供のようなこと言うので、「彼の言い方は確かに問題はあると思いますが、本来、我々は調査をするという話だけでその後の整理までは聞いてませんでしたよ。ただ、こうなることはわかっていたので僕は整理はしてましたが、その状況で彼を責めるのは違うと思いますがどうです。」と思わず言ってしまいました。

今回のように、僕より一回りも年齢が上の人が段取りも組まず、人の手配もせず、状況の確認も次長への報告もしないで納期のギリギリになって慌てるのはどうかと思います。

最近わかってきましたが、次長も労務管理者でありながら個々人がどれだけの物件を抱え、どの仕事をしているのか把握もしていないということがわかりました。詳細を知る必要はないと思いますが、どの会社もこんなもんですかね。

僕は高校時代に生徒会執行部に在籍してましたが、高校生の時分でも、部の人たちに細部まで知る必要はないが、誰が何をやっているかは把握しておけと言ったものですが、僕の方がおかしいのだろうか。(もちろん、仕事と高校の生徒会とではまったく量も質も違うけど本質的なものは一緒だと思うが)

2010年7月18日 (日)

友人の試走につきあう

今日は、中学からの友人が住宅の購入に合わせて、バイクも購入したので、その試走に付き合ってきました。

友人は20年前のゴールドウイングというオッサンバイクを購入しました。(おそらくマリオは一生縁がないように思いますが)

朝9時、マリオ自宅前を出発し、支笏を目指し、美笛峠、大滝村、喜茂別町、中山峠と走り札幌市内で流れ解散。

連休の中日なのに思っていたより車が流れていました。

最近、マリオ世代でバイクに乗る人がいないので久しぶりの仲間の復活はうれしい限りです。そのうち、うちのクラブにも連れて行くつもりです。

明日は家で仕事です。会社に行っても良いのですが休みに出るなと言われているし、休みに出社するのはなんかムカつくので家で仕事します。

転職3ヶ月の所感

転職して3ヶ月経つわけですが、職場のいろいろな状況が見えてきました。

前職場との共通点は、

1.40歳代の人間が多いこと。この世代が多いことは必然的に、人間関係は良好とはいえません。簡略化すると個人主義で他人との共同作業がうまくいかない。これは以前からの僕の持論どおりと思われます。

2.前述に関るが、ベテランから若手への仕事の継承がなされず、組織でありながら技術的実績の蓄積がなされない。

次に、現在の職場の特色。

1.非常に利益にならない仕事が多い。つまり、個人の仕事量が多く、常に人手不足。

2.何かあれば徹夜すればよいとすぐに考える。とても個人の健康管理や状況を考えているとは思えません。

3.普通の設計事務所では設計しないような仕事がある。確かにおもしろいけど、時間がない。

現在の職場は今年になってから2人が体調不良で倒れ、昨年も1人が脳溢血で倒れリハビリ中。数年前には過労死による死者もでているとか。さらにここ数年、退職者も多く、組織としての疲弊度が高い模様。

なおさら、自己管理が大切になるわけですが、仕事の量や休みについては上司に相談できるような雰囲気はなく、どのように自分の身を守りながら仕事していくかがこれからのキーポイントになりそうです。

いつまで現在の職場にいられるかわかりませんが、最低3年はいるつもりだし、3ヶ月乗り切ったのだから次は半年頑張れるはずだと奮起することにします。

子供ではないから人の発言を鵜呑みにはしてませんが、転職時の面接の話とは随分と様相が違うような気がします。

2010年7月11日 (日)

自分の今昔

今回の週末は、先日引っ越した家に御呼ばれしてきました。半分手伝いでしたが。

友人の奥さんと話しながら自分の今と昔の棚卸しをしてきました。

このブログを読んでいるもしくは大人になった最近のマリオしか知らない人は、マリオはかなり理屈っぽい人だと思いますが、実はマリオは「感性の人」なんです。

というのも、昔のマリオは頭で思い描いていることをそのまま口にしていたので、話相手はマリオの話がわからず、今風に言えば「電波な子」や「天然」という言葉当てはまるような人間でした。そこから、人にどう伝えればきちんとした「コミュニケーション」が取れるかということを思考錯誤して今にいたりました。

マリオが思うにコミュニケーションとは、一種のシュミレーションではないかと思います。つまり、こちらが投げかけたことに相手がどのように反応するか予測することと相手の立場に立って話すということです。予測以外の反応があればそれは新たな発見であるし、相手の立場に立つというのは自分の考えを理解させることです。

だから、相手を無視してずっと話しているのはコミュニケーションではありません。

まとまりのない文章になってきたのでここらで一度終わりにします。どうも自分の内面の話をするとまとまりがつかなくなります。まだまだ修練が足りませんな。

2010年7月 4日 (日)

積丹ツーリング

今日は月1回のツーリングの日でした。

8:00、いつものように大通公園に集合。今日の参加は11台。参加車両は110cc~1600㏄、参加者の年齢は25歳~65歳。

100704_01

国道5号線から毛無峠を通り赤井川で休憩し、泊、神恵内を経由して積丹にあるうしお食堂を目指す。

100704_03

先週から「うに」が解禁になったので「うに丼」を食べるためのツーリングですがマリオはうにがあまり好きではないので「うに」の少ない、「うしお丼」を注文。

100704_02

帰路は古平で温泉に入り、小樽を経由し、朝里付近で休憩の後、流れ解散。家に着く直前に大雨に合うが、とびこみセーフでずぶ濡れは免れる。

まじめな話をブログに書きこもうと思いましたが、疲れたのでまた次の機会に。

2010年7月 3日 (土)

昼間から宴会

ここ2週間くらい、仕事で市の施設の調査をしています。

事業仕分けで廃止が決定した某施設に行った時のこと。昼間からお年寄りたちがカラオケ大会と称して酒を飲んで食べ物をたらふく食べて大騒ぎをしているのを見かけました。

僕は仕事なので汗水垂らして働いている横で騒いでいようと何とも思いませんが、いくら仕事を退職して年金生活で誰に気兼ねすることなく好きなことをできるとしても、一方で働く場所がない、あっても低収入という状況があることを考えるととても複雑な気持ちになります。

年寄りに好きなことをさせるために我々が働いているのかと思うとバカバカしくなるとともに、そういうものを助長している施設は廃止になっても当然と思います。(新聞には高齢者はどこに行けばよいのかと書いてありましたが)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »