« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月26日 (日)

週末は疲れた

金曜日は、前の職場の人たちに誘われて『カニの会』という飲み会に行ってきました。最近、前の職場と現職場の営業が互いに出入りしているようだし、私の上司が前の職場の人たちに設計施工の物件を案内してもらうなど結びつきが強くなっているので、現場レベルでも情報の交換ということで顔を出してきました。二次会は年齢の近い人たちでバーで飲みましたが、相変わらず色々、鬱憤が溜まっているようです。

土曜日は、日中は、家でぼんやり仕事の設計のスケッチ。なかなかプランが整理できません。夜は、中学時代のプチクラス会。本来、私は、幹事ではないのですが、地元で働いているということで幹事代行にさせられています。なんだかかんだで午前様になってしまいました。

日曜日は、朝からツーリング。目覚ましがなる前に目が覚めて4:30起床。睡眠時間2時間。最近、休みの日の睡眠時間が極端に少ないような気がする。

6:00過ぎ出発。途中、朝食を買って、集合場所の大通公園へ。今日は中学時代からの友人を呼びました。7:00集合。7:30出発。今日の目的地は、上富良野吹上温泉。

十勝連峰は雪を被っていました。とても寒かった上に、現地でトラブル続発。友人のバイクを借りて乗りましたが、2回も立ちゴケさせてしまいました。

今日のメンバーは9人中3人が還暦過ぎの人たち。

100926

写真の左奥が友人のバイク。

今日は本当に疲れました。週末はちょっと遊びすぎたので今週は仕事に専念しようと思います。といっても今度の週末も、会社の観楓会だ、泊まりのツーリングだと忙しくなりそうです。

2010年9月18日 (土)

復活

先月、事故で修理にだしていたバイクが修理を完了したので取ってきました。

慣らしも兼ねて、事故現場を撮影。いつものコースで珈琲を飲んで帰ってきました。

Photo

事故現場は白い軽自動車のあたり。反対車線のコンビニに入ろうとした車と接触。保険屋同士の交渉が長引く模様。こちら側の保険屋が相手の主張しか伝えてこないので、バイク屋や保険の代理店と話をして担当者を変える予定。仕切りなおしになりそうです。

Photo_2

バイクは、メーターとヘッドライト、ハンドルバー、右側のミラーを交換。ミラーを調整しているときに左ももげたので応急処置で店にあったあまりのミラーで代用。走ってみましたが、バランスも悪くなってないので完全復活です。

来年は、大型バイクに乗り換える予定なので、このバイクも今年限り。いいバイクなので手放したくないので、知り合いで誰か乗ってくれないかなあと思っています。反対車線に飛ばされても大事故にならなかった縁起の良いバイクです。

2010年9月12日 (日)

東京から帰省した友人と飲む

昨日は、先週から東京より帰省している友人のために、中学の友人達が会を催しました。

1次会の家へ行くのに友人に迎えに来てもらいました。この家のホストは、地元町内会のお祭りで駆り出されていたため、疲れており、我々が来たあとも、打ち上げのためしばらく出かけておりました。

そんな中で飲んでいましたが、やはりホストが疲労困ぱいのため、早めにお暇。

2次会のために迎えに来てくれた友人の家へ場所を移動。中学時代のアルバムを引き出して色々話しました。この家の主人は酔いの為、撃沈。帰省した友人とこの家の奥さんと3人で馬鹿話を続けました。

何歳になっても昔の話は思い出せるものですね。昔に戻りたいとは思いませんが、少しの後悔を思い出しながら楽しく話せました。気づいたらもう3時を過ぎてました。

帰省した友人と2人で歩きながらそれぞれの家を目指しました。

東の空は、夜が明けようとしていました。

Dsc_0014

道東に出張

金曜日、出張で鶴居村に行ってきました。

往きはJRで4時間かけて釧路まで行き、そこからレンタカーで40分。客先に提案書を提出して簡単な説明をして30分ほどで目的は達成しました。その後、釧路湿原の展望台や釧路市内に立ち寄り、釧路空港へ。

釧路空港からサーブのプロペラ機に搭乗。はじめてプロペラ機に乗りました。席がエンジンの横というのもありましたがとても振動が多く感じられました。ジェット機と違い高度も3000m程度と上空から下を眺めるにはとても良い高さでした。

昼もまともに取らずにいたのでとても疲れました。こういう日帰り出張は勘弁です。

Photo

2010年9月 5日 (日)

井の中の蛙 大海を知らず

現在の職場に移って5ヶ月経ちました。

今の職場に思うことは、コミュニケーションが上手く取れない人が多いと思うことです。特に50歳近くから上の人たちが顕著です。端的に言うと、一体誰に対して、何の件を話しているのかがわからない。誰に対しても横柄な物言いで会話すると不快感があることです。中には営業なのに人を不快にさせるような話し方をする人がいます。

私は建築の意匠設計なので見え掛りというのも意識しなければなりません。残念ながら、うちの職場は政治力で仕事は持ってこれても、意匠にはかなりの難があります。ズバリ言うとデザインを求められていない。でも内部の人たちは、自分達はすばらしい設計をしているんだと思っています。社外からはいつも批難の的にされています。うちの部の人たちは社内行事に積極的でも対外的なものには部次長以外、参加することがありません。

まさに鎖国されていた日本のようなものです。もうすこし外に出て、自分達を客観視して現実に目を向けたほうがよいと思います。私一人気張ったところでどうにもなりませんが、うちの部の意匠設計の建て直しは急務です。というか恥ずかしいのでなんとかしたいです。

私の会社はローカルスタンダードが当たり前なので自分達を客観視することは難しいのかもしれません。自信を持つのは良いですが、独りよがりになって自画自賛するのはどうだろうと思います。世の中には、上には上がいることを知るべきです。

自分にできることは少ないかもしれないけど、一歩ずつ前に進むしかないのかもしれません。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »